糖尿病の治療方法を知ろう|症状を把握して適切な方法で改善

背骨の疾患

healthy women

脊柱管狭窄症は頸椎や腰椎などの脊柱管が狭くなることで発生する疾患です。脊柱管を通る神経が圧迫され、身体の様々な箇所に痛みや痺れなどを引き起こします。治療法は、手術もしくは保存療法、またはカイロや整体などでも治療が行われています。

» 詳細

40代後半になると

hospital

少しくらい体調が悪くても我慢しなくては、と病院に行くのを先延ばしにしていると、更年期障害が悪化してうつ病や体調の悪化の原因となってしまうことがあります。更年期障害かも、と思った時には、まずは病院で治療を行ってみるようにしましょう。

» 詳細

腰のヘルニア

nurse

腰部に起きてしまう問題には腰椎椎間板ヘルニアなどががります。これは治していかなければ痛いを伴っているため大変です。この手術ではブロッ注射といった方法があり、これでは名のとおり注射を使用していきます。

» 詳細

食事と運動で明るい未来を

hospital

考えよう食事と運動

糖尿病は、インスリンの作用が不十分となり、ブドウ糖が消費されずに血液中に溜まっていってしまう病気である。糖尿病は放っておくと神経症状として足の痺れを引き起こしたり、眼へも影響を及ぼしたりと、治療をなるべく早期に始めるべき病気である。糖尿病には1型と2型がある。1型は膵臓の作用が不十分なために起こる。治療としては、インスリン注射を打つ事が挙げられる。2型はインスリンの作用不足によるものである。日本の糖尿病患者のほとんどがこの2型である。治療としては運動療法と食事療法が重要である。運動療法は文字通り、有酸素運動などでブドウ糖の消費を促す治療法である。食事療法は、過食とならないように、かつ栄養バランスを考えて食事をとるという治療法である。

現在、日本は世界において9番目に糖尿病患者の多い国であり、その対策は課題となっている。以前に比べ、欧米寄りの食事スタイルが多くなってきており、徐々に患者数は増えてきている。一方で、適切な運動療法や食事療法を取り入れることができるならば、糖尿病患者は減少するとの予測もある。実際に、糖尿病患者は増加しているが、予備群は減少しているという報告がある。しかしながら、適切な対処が行われない場合、今後も糖尿病患者は増えていく事が予想され、その数は2040年までに世界で6億人を超すとも予想されている。今後、超高齢化社会へと進んでいくわが国でも、高齢者の運動不足による糖尿病の発症は避けることのできない課題である。国をあげての対策が望まれる。

Copyright© 2016 糖尿病の治療方法を知ろう|症状を把握して適切な方法で改善 All Rights Reserved.