糖尿病の治療方法を知ろう|症状を把握して適切な方法で改善

腰のヘルニア

nurse

腰椎椎間板ヘルニアになった場合複数の治療方法があります。大きく分けると、手術をしない方法とする方法です。体への侵襲が大きい手術はふつう第一選択にはならないことが多いです。患者からしても体にメスや内視鏡を入れないため、人気があるといえます。手術をしない方法としては内服、注射、リハビリがあります。内服による治療としては鎮痛剤や筋弛緩剤の使用が上げられます。痛みは炎症や筋肉の緊張からおこるのでそこを治療する方法です。注射による治療としてはブロック注射があります。痛む部分に直接、麻酔や炎症を抑える作用があるステロイドを注射します。リハビリによる治療としては、理学療法士による物理的な治療法があります。患部を温めたりマッサージしたりします。これらは非侵襲的で、高齢で手術が受けられない方に人気のある治療方法です。

日本はすでに65歳以上の人口が総人口に占める割合が21%を超えており、いわゆる超高齢社会に突入しています。腰椎椎間板ヘルニアは、重いものを持ち上げたときに起こしやすい疾患です。これは腰周辺の筋肉の低下や椎間板の柔軟性が減少しているためです。このような症状は高齢者に多くみられます。そのため今後も高齢化率が上昇すると予想される日本において腰椎椎間板ヘルニアは増加すると考えられます。腰椎椎間板ヘルニアは骨の老化によっても起こりやすくなります。高齢者はもとより、閉経後の女性はホルモンバランスの変化により骨密度が低下することが知られています。そのため腰椎を骨折した際に椎間板ヘルニアを併発することがあります。食生活の欧米化で骨密度が低下傾向にある現代社会においては、今後も腰椎椎間板ヘルニアは増加すると予想されます。

Copyright© 2016 糖尿病の治療方法を知ろう|症状を把握して適切な方法で改善 All Rights Reserved.