糖尿病の治療方法を知ろう|症状を把握して適切な方法で改善

40代後半になると

hospital

服薬で改善することも

更年期障害は40代後半から50代前半にかけての約10年間、ホルモンバランスが大きく変化することによって起こる様々な不定愁訴の総称です。更年期障害の特徴は、ほてりやのぼせ、だるさ、頭痛、不眠症、倦怠感、ベッドから起き上がることが出来ないなど様々なものがあり、その数は100種類以上にも上ると言われています。更年期障害は多くの人に認知され始めたため、治療方法もさまざまなものが出てきています。主なものとしては不足してしまったホルモンを外部からとりいれることで症状を安定化させていくホルモン補充療法や、不定愁訴に関する治療に高い効果があると言われている漢方薬の使用など、服薬による治療が選択されることが多いのも特徴です。

どの診療科に行けばいい

これらの治療を受ける際、多くの症状がある場合にはどの診療科を受診していいのか迷ってしまいます。近頃では更年期障害に悩む人専用に「更年期障害外来」などを立ち上げている医療機関も増えてきています。年齢的に更年期障害が起きやすい年代に入っていたり、症状が一般的に言われているものと合致している場合には、産婦人科などホルモンの分泌量のバランスの崩れに対応してくれる診療科へ行くと良いでしょう。産婦人科に行くのが恥ずかしい場合には症状に対応した診療科に行きます。また、あまりにも症状が酷い場合には更年期障害以外の病気が隠れていることがあります。その場合には一番症状が酷いと思われるものを専門的に診療している医療機関を受診するようにしましょう。

Copyright© 2016 糖尿病の治療方法を知ろう|症状を把握して適切な方法で改善 All Rights Reserved.