糖尿病の治療方法を知ろう|症状を把握して適切な方法で改善

背骨の疾患

healthy women

発生原因と症状

中年以降に発症しやすいと言われている脊柱管狭窄症とは、国の難病に指定されている疾患です。近年患者数が増加傾向にあり、問題視されています。脊柱管狭窄症は、頸椎や腰椎などの脊柱管が狭くなることで神経障害を引き起こすものです。主に加齢が原因とされており、老化現象の一つとして脊柱管が狭くなると言われています。脊柱管が狭くなるとその中を通っている神経が圧迫されます。頸椎の脊柱管で起こった場合には頸部脊柱管狭窄症、腰椎に起こった場合は腰部脊柱管狭窄症と呼ばれます。主な症状は痛みや痺れがあります。特徴的な症状としては間欠性跛行があります。間欠性跛行とは、歩き始めると痛みが強くなり、歩くのをやめてしばらく休むとまた歩けるようになるという症状です。

改善方法と注意点

脊柱管狭窄症の治療には、電気治療やホットパックなどを用いて血行を促進する温熱療法、筋肉の張りを改善し動きや血流を良くするカイロプラクティックや整体治療、痛みを緩和させるために薬を服用する、麻酔薬を用いた神経ブロック、手術などがあげられます。症状の程度や患者の身体の状態などによって治療法が異なります。すぐに痛みを無くしたいからといって、安易に手術を選んではいけません。再発のリスクは低くはありません。また、カイロプラクティックや整体は、治療院によって技術力や知識に差があります。治療を受けたい場合には、よく見極めなければなりません。今までの実績や先生の知識が重要です。そして、電気治療や温熱療法、内服薬の使用、神経ブロックは対処療法になります。脊柱管狭窄症の根本的な治療にはなりませんので、注意しましょう。

Copyright© 2016 糖尿病の治療方法を知ろう|症状を把握して適切な方法で改善 All Rights Reserved.